虎視眈々と

Flutter × Firebaseを研究するアプリエンジニア

Flutterから直接Cloud Functionsを呼び出す

Flutterから直接Cloud Functionsを呼び出す方法について書きます。

プラグインをいれる

下記のプラグインを導入します。

pub.dartlang.org

実装

実装もJavaScriptで使う方法とほぼ似ています。

Flutter側

Future<String> requestFriend(
      String groupId, String uid, String requestUid) async {
    return await CloudFunctions.instance.call(
        functionName: 'onRequest',
        parameters: {
          "uid": uid,
          "groupId": groupId,
          "requestUid": requestUid
        }).then((doc) {
      return doc.toString();
    });
  }

Cloud Functions側

exports.onRequest = functions.https.onCall((data, context) => {
  // なんかの処理
});

自分はこれでいけました。