虎視眈々と

Flutter × Firebaseを研究するアプリエンジニア

Flutterができるようになるためにやったことまとめ

f:id:superman199323:20181126234118p:plain

Flutterができるようになるためにやったことまとめ

これはFlutter Advent Calendar 2018 2日目の記事になります。

Flutterを初めて半年ほどたち、自分でFlutterのアプリをリリースしたのである程度できるようになったと言えると思います。

www.shogogeek.com

その中で自分が最初にした記事や、参考になる資料などをまとめて共有したいと思います。

最初のうちに勉強したこと

最初のころはひたすらCookBookをやっていました。

flutter.io

自分がFlutterを始めた時はCookbookがこんなに充実してませんでしたが、基本的なレイアウトの組み方やFirestoreとのやりとりする方法とかもあるのでおすすめです。

既存の有名アプリの真似をして作ってみる。

Flutterの最初の関門みたいなところに レイアウトを作るのが難しい というのがあると自分は考えていて、レイアウトの作るのになれる必要があると思っています。

なので、自分はTwitterのスマホアプリのレイアウトを真似した物を作りました。

作ったものは下記です。

www.youtube.com

記事にもしました。

note.mu

ここまで作れたくらいからWidgetの組み方はほとんど何も見に進められるようになりました。

情報は常にキャッチアップする

これに加えて情報をキャッチアップしています。具体的には下記の2点です。

  • 有名はTwitterアカウントのフォロー

twitter.com

twitter.com

twitter.com

twitter.com

  • mediumを見る

medium.com

medium.com

これをやっているだけで相当Flutterについてわかるようになると思います。

これから

これからもFlutterやってくぞ!!!