虎視眈々と

Flutter × Firebaseを研究するアプリエンジニア

個人開発のススメ

f:id:superman199323:20181021225645j:plain

個人開発のススメ

自分は社会人になってからずっと個人開発を続けています。 個人開発をこの二年間、個人開発を続けるために工夫をしたりしてきたのでそのことについて書いてみます。

個人開発をやるメリット

まず最初に個人開発をするメリットについて書いていきます。 自分の経験としてよかったことだけを書くのでもしかしたら他にもメリットはあるかもしれません。

単純に知識が身に付く

単純に知識が身につきます。 そしてこの知識が今の時点での仕事には影響しないかもしれませんが、いつか役に立ってきます。

仕事でのパフォーマンスも圧倒的にあがっていく実感がありました。

就職、転職の際に自分のアピールポイントになる

個人開発をやっていた経験が転職に役立ちました。

note.mu

個人のアピールポイントがこれまでの経歴書だけなのは、少し寂しいかなと。 個人で作った成果物や、Qiita、ブログ等での情報発信などがあるだけでだいぶ印象が変わるかと思います。

サービス開発とはなにか学べる

アプリや、Webサービスをリリースしたらアナリティクスなどを通してユーザーの行動がみられます。 実はこれはすごくいい経験で自分のサービスはどういう問題があって、どう改善していくのか、考えるのは意外に楽しいです。

この経験を仕事にも活かせる可能性もあるかもしれないですね。

個人開発をやるためのモチベーションを保つ方法

モチベーションの保ち方は過去に記事を書きましたのでこちらもご覧ください。 www.shogogeek.com

ざっくりまとめると

  • 技術を楽しむ
  • アウトプットを増やす
  • ゴールから逆算して開発を進めていく
  • アイデアを膨らませてワクワクする

時間を捻出する

個人開発はもちろん普段業務をしながらするので開発時間を捻出することが大事だと思います。 その方法について自分が実際にやっていることをまとめています。

朝早く起きれたら朝やる

朝早く起きれた時は朝やっています。 自分は朝の集中力が高いので結構進むので好きです。

でも朝早く起きれなくても後悔する必要はないです。ひとりなので期限とかもないですからねw

www.shogogeek.com

1日一時間は必ずとる

1日一時間は必ずとるようにいろいろ調整しています。 大事なのは長い時間をとるというよりは短い時間を毎日にとって習慣化する方が自分は大事だと思います。

でないと挫折しますw 自分も何回か挫折してますw

www.shogogeek.com

やりすぎない

やりすぎると体調壊すのでほどほどに頑張りましょうw自分も何回か体調を壊したりしてます。